黒北ラグビー部激励会
全国高校ラグビー大会に出場する岩手県代表黒沢尻北高校ラグビー部の激励会が、大阪市住之江区のホテルコスモスクエア国際交流センターで、 12月25日午後6時50分から、関西岩手県人会と関西黒陵会によって行われました。関西大学千里山キャンパスの中央グラウンドでの練習のあとホテルに戻ってきた小田島康人監督以下48人の選手たちを迎えて、まず県人会の鎌田会長が、県大会を勝ち抜いてきた自分たちのラグビーに自信を持って戦えと激励した後、関西黒陵会の田付会長が後輩たちの戦いぶりをたたえた後、県人会からトロフィーと激励金、関西黒陵会から関西在住の同窓生から寄せられた激励金が贈られました。これに対し小田島監督が、「大変多くの人たちの応援を得て花園に来ることが出来た。全力で闘いたい」述べたあと、菊地快主将(3年)が、文武両道の黒陵を花園のグラウンド示したいと力強く決意を述べました。最後に校歌を歌い、エールを送って激励しましたが、落ち着いた選手たちの表情に秘めた闘志と頼もしさを感じました。黒北ラグビー部初戦は、28日午前10時から、花園ラグビー場第3グラウンドでの萩商工(山口)戦です。応援よろしくお願い致します。 事務局
a0165537_21331118.jpg

           力強く決意を述べる菊地快主将(3年)
a0165537_21345535.jpg

           コンビネーションプレイを確認する
[PR]
by iwate-kansai | 2012-12-26 21:42
<< 黒北初戦敗退 応援ありがとうご... 黒北ラグビー部激励会と応援のお願い >>