いわて復興だより第21号
大震災の津波から1年以上が経ち、がれきの処理では一定の歩みが見られるものの、復興への道のりは依然険しいものがあります。しかし被害を受けた人たちは、懸命に前に進もうとしています。岩手県復興局総務課が発行している「いわて復興だより」は、そうした動きを伝えています。岩手県のHPから転載しました。   事務局
a0165537_13341864.jpg
a0165537_13344792.jpg

[PR]
by iwate-kansai | 2012-06-05 13:38
<< いわて復興だより第22号 県事務所との連絡会議行われる >>